ティファールフライパンの焦げ付きと寿命

 

ティファールのフライパン(鍋)の寿命についてです。

 

ティファールのテフロン加工は、フライパンも鍋も基本的に
金属ヘラもOKな強力加工です。

 

一般のフライパンのテフロンと比較しても、ティファールの強度は
はるかに上です。ですので、普通に使っているなら寿命も
当然長いです。

 

ティファール フライパン寿命

 

ただし、やはり使い方にも左右されます。
テフロン加工のすべり等が落ちる原因は、全て温度にあります。
火加減が必要以上に強いと、加工が壊れ、すぐにくっつくように
なってしまいます。

 

そしてこびりつくようになったテフロン加工のフライパンは、
加工なしのフライパンよりはるかにこびりつきやすいので始末が悪いです。

 

もうこうなってしまったら、買い換えるしか無いです。

 

ですがこれは寿命ではありません

 

ハッキリ言ってしまうと、これは使用されている方のミスです。
ティファールの説明書にも、ネットにも適正温度が書いてありますので、
よくお読みになって下さい(種類で違います)。

 

とくにIHは、温度を高過ぎに設定される方が、なぜか多いようです。
ここは簡単なチェックでも回避出来ますので、お気をつけて下さい。
*ティファールには最適温度がわかるタイプもあります

 

ティファール フライパン寿命

 

単純な寿命なら、ティファールのフライパンは5年は持ちます。
私は7年でもまだ現役のフライパンもあります。

 

ティファールのフライパンを寿命まで持たせるコツですが、
まず温度を上げ過ぎないことを絶対条件に、
とにかくフタを多用してお料理することだと思います。

 

ティファールのフタが、別売りでも非常に多くの種類が出ているのは、
多分この理由もあると思います。

 

ヨーロッパは煮込み料理やスープも多いので、フタを多用します。
その流れか、目玉焼きでも、魚でも、肉でも、とにかくフタをするのが
ヨーロッパ家庭料理の特徴でもあります。

 

本来は日本もそうなはずなのですが、最近は変わって来ました。

 

とにかく「温度(火加減)は抑えて、フタをする」

 

これがコツです。

 

 

焦げ付き、他社との比較

 

ティファールの焦げ付きについて、他社と比較してみます。

 

メーカー名を出すと、問題になる可能性がありますので、他社有名メーカーと
無名格安フライパンを例に出して話をすすめていきます。

 

まずいわゆるテフロン加工の強度ですが、ここで大きく変わるポイントに
まず傷がつきやすいか?があげられると思います。

 

そしてフライパン価格の違いの大きな部分はここから来る場合が多いです。
例えばティファールは金属ヘラでも傷つかない構造のものがほとんど。
他社製でも、高価なものは同じです。
ですが格安系で、金属ヘラが使用可能なものは皆無です。
「条件付き可」などとと書かれているものがあるかも知れませんが、
これは「99%不可能」と同じ意味と思って下さい。

 

要するに、金属ヘラや硬いへらでも、まず傷がつかないのが高価な物。
何を使っても傷ついてしまうのが安物です。

 

次に寿命が長いのは?
これは先程も書きましたが、温度を守ることをを前提にお話します。
ここでも高価なものと安物で大差が付きます。

 

ティファールや高価なブランド製フライパンは、温度さえ正しければ10年でも
普通に持ちます。 よくテフロンは必ず劣化するなんて言う方がいますが、
その言い方をしたら「地球上の物質は必ず劣化する」と同じ意味に
なってしまいます。 車もビルも劣化しますが、数十年でも軽く持ちますよね、
ティファールもそれと同じで、そんな議論は意味のないものです。

 

ですが安物フライパンは、コート自体が薄く、弱いので、寿命は当然
短くなります。 さらに皆さんが、安物を買わず、ブランドのフライパンを買う
大きな理由は、寿命の他に機能性があります。

 

ティファールなら取っ手が取れる、数多くのフタを駆使して調理時間を早め、
おいしくして、長持ちさせる。 さらにオシャレなデザインなので、そのまま
食卓に並べることも出来る、などなど機能的な魅力も高いです。

 

では安物はどうでしょう? 取っ手が取れるどころか、フライパンと取っ手の
ジョイント部分が弱いので、1年ほどで取っ手が壊れて取れてしまいます。
重さに耐えられない構造なのです。 さらにフタなんてありません。
さらに柔らかいヘラでなければ、一瞬で傷だらけ、さらにスポンジも硬い方
なんて使えば、次回はもうくっついてしまうでしょう。

 

こんな事を書いていたらきりがありません。
しょせん安物は安物です。

 

ネットの質問コーナーで、ティファールのフライパンも100円ショップの
フライパンも同じと書かれていますが本当でしょうか?
こんな質問が楽天のあるショップの口コミ欄にありました。

 

この方は、ティファールのフライパンセット購入後、この質問コーナーを
読んで心配になり、レビューに書き込んだそうです。
そこで私が代わって明確に答えます、「全然違います」。
100円ショップのフライパンでどうなるか?は上記のとおりです。

 

そしてネットの質問コーナー(OO質問箱やOO知恵袋)は、ほとんどが
自分で質問して、自分で答えています。 特にURLが載っていたり、
個別の商品名やブランド名を上げている場合は、広告と思って下さい。
最近よく騒がれている「ステマ」というやつですね。
だいたい100円と世界的ブランドの製品が同じなんてあるわけがないです。
無責任な情報に惑わされないようにして下さい。

 

 
トップへ戻る