ティファール フードプロセッサー激安情報!

ティファール最安値情報!今回は人気のフードプロセッサーです。

 

日本で人気のティファール フードプロセッサーといえばミニプロMB601Gだと思います。
こちらは名前の通り、小型で使いやすいタイプです。

 

ただしパワーは日本メーカーのものより強力な350W。
これはなかなかのハイパワーです。
国内メーカーのものですと200W前後が多いですから、このくらいパワーフルだと
サクサク仕事が進むと思います。

 

T-fal フードプロセッサー ミニプロ ルビーレッド プラス 【スライス・せん切り / 泡立て / カッター / おろし】 MB601G73 MB601G73
(ティファール MB601G73)

 

↑以下かでしょうか?さすがティファールのデザイン、かわいいですよね。
そしてこのルビーレッドが良いですね。
このカラーを真似したフードプロセッサーも多いですが、
もちろんこのティファールが元祖です!

 

 

使い勝手はどうかな?

 

いくら見た目が良くても使い勝手が悪かったら最悪です。
ですがこれはティファールです、もちろんそんな事はありません。

 

まずこのサイズですが人によっては小さく感じるかもしれません。
ですがこのサイズは日本向けではなく、欧州版もティファールでは
このサイズが主流なのです。

 

これは現在どこにの国のフードプロセッサーでも、コンパクト設計で
キッチンテーブルを広く使えるという事を最重要視しているからです。

 

ムダに大きい物は必要ないという境地に至ったということでしょう。

 

確かに欧米の料理番組を見ていると、フードプロセッサーは
このサイズで、進行役は大きな野菜をサクサクッとカットしてから
フードプロセッサーに放り込んでいます。

 

そしてこのティファール MB601G73はコンテナ部が非常に頑丈で
軽いので、取り外しもラクラクです。さっと外して中の野菜を出し、
次の野菜を入れるという作業も全然苦になりません。

 

欧米ではサラダも炒め野菜も、だいたいフードプロセッサーを使って
カットしますね。

 

それを連続しても全然苦にならないように作られているのは
素晴らしいと思いました。

 

私の使い方

 

僭越ながら私がよく使う事を書かせて頂きますと・・・

 

まず一番使うのはスライスです。
野菜嫌いの大人でも、スライスした野菜サラダだけは人気です。

 

これぜひ試してみてください。あれだけきゅうりや人参を食べなかった
子供も、これでスライスしてドレッシングで和えると、
あっという間に完食します。しかもおかわりまで言いますから(笑)。

 

おろしや泡立ては最高に便利ですが、やっぱり使う機会は
少ないです。ですがスライス、カット、千切りは、洗うのを面倒がらず、
最初からガンガン使い倒すとすぐに慣れてきます。

 

そうするとお料理の時間が劇的に短縮されますよ。1週間も毎日
使用すれば、本当に無いと困るようになります。

 

ということで私のおすすめの使い方はスライスとカットです。

 

 

最安値情報

 

それではティファール フードプロセッサーMB601G73の最安値をご紹介します。

 

 

もちろん税込み・送料無料でこの価格です!
ディスカウントショップでは10000円前後で売られている事が
多いですし、持ち帰りも大変ですよね。

 

注文後も即発送してもらえますので待つこともありませんよ♪

 

 

 

トップへ戻る